薄毛防止のための育毛シャンプー選びについて

「最近、薄毛が気になってきたな」

とあなたは鏡の前で何度も自分の頭皮を確認しているのかもしれません。

原因はいろいろあるため、一概には言えませんが、毎日使っているシャンプーや洗髪の方法回数に問題があるケースが多いです。

このサイトでは正しい、シャンプー選びについてご紹介しますので、参考にしてもらえると幸いです。

頭皮の汚れをしっかり落とすもの

髪の毛についたほこり・汚れ・汗などを除去するのがシャンプーの役割です。
ですが、髪以外にも頭皮の汚れを落とす役割があり、いくら髪の毛を洗ったとしても、頭皮が髪の毛の土台になるわけですから、シャンプーで環境を良くしてやりましょう。

洗い過ぎは逆効果!


「それじゃ、ゴシゴシ洗って、回数も多くすればいいんでしょ?」

となりますがそれは逆効果です。

よく頭皮がべたつく、という人がいますが、あれは頭皮の脂の仕業です。

となると毎日、しかも1日2回ゴシゴシシャンプーをする人がいますが、皮脂をとりすぎて頭が痒くなったり、余計に皮脂が分泌されてしまいます。

頭皮の皮脂は紫外線やほこり、汚れなど外的な攻撃からガードする機能があり、ある程度残しておく必要があります。
それを根こそぎごっそりとってしまう・・・というのは危険です。

シャンプーでゴシゴシ⇒皮脂が脂がない! と判断し皮脂を分泌⇒分泌がスタートしたと同時に再度シャンプー⇒もっとたくさんの皮脂をだそうとする

この繰り返しで頭皮がベトベトしてしまいます。

なので、冬場の洗髪は2日に1回、夏場は1日1回など季節によってわかることも大切です。

シャンプー選びの基本は”界面活性剤なし”のもの

洗剤や歯磨き粉、石鹸、そしてシャンプーに界面活性剤はあたりまえのように、含まれているため界面活性剤=危険!
と認識されています。

洗剤などを例にするとわかりやすいですが、やはり脂汚れをすぐに落とす強力な洗浄力があるため、皮脂を一緒にごっそり落としてしまう恐れがあります。

とはいえ界面活性剤入のシャンプーが市販のほとんどですから、界面活性剤にアミノ酸を使っているシャンプーなどがオススメえす。

※またノンシリコン入のシャンプーでも良いでしょう。

シャンプー+選びの基本は”界面活性剤なし”のもの

よいシャンプー選びの後は”育毛剤”もプラスして使うことで、薄毛防止・改善につながります。

ちなみに、以下の育毛剤比較サイトはなかなかの出来前? なので、参考にしてみるといいのかもしれません。

参考になればうれしいですね。

【おすすめPRサイト】
一人暮らし インターネット回線についてのサイト