薄毛になる気持ちは、薄毛になった方でないと分かりません。

薄毛になる気持ちは、薄毛になった方でないと分かりません。

「薄毛の人の気持ちを理解してあげたい。」と思っても、実際には難しいものです。

薄毛の人の家族で「出来るだけ本人が傷付かないように。」なんて、薄毛の話題を避ける方も多いですよね。

逆に、本人のことを思って、効果がありそうな育毛やヘアケア用品をプレゼントしてあげる家族の方もいるようですね。
傷付かないような配慮をしてくれること、ヘアケア用品をプレゼントしてくれることなどを良いこととして考えるか、不愉快なこととして考えるかは薄毛に悩んでいる方次第ですね。
薄毛なら配慮してもらえたりプレゼントが貰えるのが、薄毛でなければ配慮してくれることもプレゼントがもらえることもない訳です。

このように考えれば、決して悪いことではないですよね。

でも、「薄毛の人でないとこの気持ちは分からない。」と多くの薄毛の方が心の奥底で考えていることでしょうね。

ところで、薄毛になると、自分と同じように薄毛に悩んでいる人に対して親近感がわいてきませんか。
同じような人を見ると、「この人ならきっと自分の気持ちが分かるはず。」なんて思ってしまいますよね。

それはきっと相手も同じ気持ちでしょうね。

薄毛になった方の中には、「今まであの人とはそんなに話したことが無かったけど、何故か最近はあの人が話し掛けてくるようになった。」なんて言う方もいます。
自分から何となく話しかけて仲良くなることもあるでしょう。

「今まで普通に話していた人から逃げられる。」なんて言うこともあるかも知れませんが、それはそれで「相手がそう言う人だった。」と分かることで、良いことなのではないでしょうか。
自分が苦しい想いをしている時でないと、良い人、悪い人の見極めはなかなか難しいですよね。

苦しい時こそ、距離を置かずに接してくれる人こそ、本当に自分のことを思ってくれている人です。
色々なことがあっても、新しい人間関係が築くことが出来ることには変わりません。